自動販売機の設置が増えている理由と運営方法を学ぼう

笑顔の人

オフィスコーヒー を楽しむ

自販機

どんな職場であってもとにかくコーヒーを飲みたいと思う人は多いでしょう。
オフィスのマネージャーなら当然働く職員の要望を聞き入れる必要があります。
一般的なオフィスであればインスタントコーヒーを淹れて飲む場合もあると思いますが、オフィスコーヒーにはいろんなタイプの機械があるので職場の状況に合わせて導入の方法を変えることができます。

オフィスコーヒーには多くの社員の方たちが飲めるように、三種類の形態があります。その中の1つが、一杯抽出型、と呼ばれるものです。飲みたいコーヒーの袋やカプセルを機械にセットして、ボタンを押すだけで簡単にコーヒーを楽しめるタイプの機械です。その場でコーヒーを焙煎、ドリップしてくれますのでオフィスにいながら本格的なコーヒーの味を楽しむ事ができます。このタイプならメンテナンスの手間がかからないので便利です。
2つ目の方法がブリューワー型と呼ばれるタイプの機械です。この機械は先程説明した一杯抽出型と違い、一回の抽出で多くのコーヒーを用意できる機械です。一杯ずつボタンを押さずに一度に作り置きをすることができますので、自分が飲みたい時に飲むことができるように保存しておくことができます。
3つ目の方法は、自動販売機型と言います。このタイプ先に紹介した2つと違い、コーヒーだけを取り添えた販売機を設置する、と言った形になります。この方法は少しスペースを取りますが、コーヒーを扱うメーカーが選んだたくさんの種類の味を選ぶことができます。この方法はオフィスコーヒーのイメージがあまり無いですが、メンテナンスも必要も無く、お金を入れるだけでコーヒーが飲めるので、お手軽で便利です。この3つがオフィスコーヒーの主な種類です。